2005年11月07日

名古屋港イタリア村って?

1950年代のベネチアの町並みを再現した、名古屋のイタリア村が大人気らしい。イタリア村は今年4月にオープンしたショッピングモールなのだが、本気でベネチアを再現してしまったところが、志摩スペイン村や長崎ハウステンボスとの大きな違い。その徹底した本物志向がウケているようだ。

人口運河を行き交うゴンドラはベネチア製で、ゴンドラの漕ぎ手もイタリア人。カフェで演奏している楽団は実際にベネチア・サンマルコ広場で演奏しているイタリア人グループで、通常はオペラハウスで演奏しているような実力派揃いだという。イタリア人のスタッフがイタリア村の施設内で写真を撮って本国の友人に送ったら、地元に帰ってきていたと勘違いされたとか。

イタリア村の初年度目標入場者数は200万人だったが、この数字はわずか4ヶ月でクリア。今のペースを保てば年間入場者数は550万人に達するとみられている。イタリア村では来春にも、ローマ帝国時代の浴場を再現した温泉施設とエステティックサロンを設置する計画だという。毎月のように様々なイベントを催し、リピーターの獲得にも余念がない。近くまで行ったら、ぜひ立ち寄ってみたいスポットだ。

検索キーワード:イタリアベネチア
ランキングにご協力お願いします♪ 人気ブログランキング ブログランキングranQ


posted by Gotz at 23:20 | TrackBack(2) | 過去の記事

2005年11月05日

ロハス的な生活を送る

ロハス (LOHAS) とは Lifestyles Of Health And Sustainability の略語で、もともとはアメリカで生まれたマーケティング用語だ。直訳すると「健康で持続可能な生き方」とでも言うのだろうか。一般的には、自分の体や心の健康を維持しながら地球の環境も大切にする、そんな価値観や行動を伴うライフスタイルのことをロハスと呼造ようだ。流行りのスローライフにも通じるところがある。

たとえば、オーガニック・フーズなどの体に良いものを食べ、ヨガや適度な運動をして健康的な体をつくり、自分のできる範囲で環境を意識しながら暮らす。ロハスは持続可能であることが大前提なので、決して無理はしない。そこが従来の健康志向やエコロジーとの大きな違いであるらしい。美味しくない健康食品、楽しくない運動、快適でないエコロジー、これらは我慢を強いられるから長続きしない。自動車に乗らない努力をするのがエコロジーで、ハイブリッドカーに乗っるのがロハスなのだという。

ロハスが良いと知っている人たちは、ロハスという言葉を知らなくても既にロハスを実践している。もともとロハスがマーケティング用語という点からもわかるように、結局ロハスという合言葉は消費者の心理を煽るための企業戦略にすぎない。しかし過程はどうあれ、健康的な生活や環境保全に関心を向けること自体は非常に好ましい。ロハスという言葉によって健康や環境を日常的に意識できるようになるのならば、それで十分だと思う。

検索キーワード:オーガニック
ランキングにご協力お願いします♪ 人気ブログランキング ブログランキングranQ


posted by Gotz at 21:59 | TrackBack(3) | 過去の記事

2005年11月03日

自然耕米メダカのがっこう

澤田吉夫さんの無農薬・無化学肥料メダカのがっこう米
生き物の名前が付けられた、安全なブランド米が人気を呼んでいるらしい。無農薬や減農薬など、生き物が田んぼに生息できるように配慮した農法を用い、魚・鳥・昆虫の名前を付けたブランド米が各地で生産されている。価格は高めだが、食の安全に対する意識の高まりを受けて、安い米よりも安全な米の人気が高まっている。

栃木県大田原市で生産されている「自然耕米メダカのがっこう」も、安全性を重視した生物ブランド米のひとつ。この米は、田んぼを耕さない不耕起農法で生産されている。通常は稲刈りの後の田んぼは乾燥しているものだが、不耕起農法では稲刈り後に水を入れる。すると、残った稲藁や切り株が水の中で微生物により分解され、天然の肥料になる。イトミミズなどの小さな生き物が土を耕し表土をきめ細かくしてくれるので、雑草の種は土の中に沈んでしまい発芽しなくなる。化学肥料はもちろん、除草剤などの農薬も一切不要だ。

水をためる期間が長いので、田んぼにはプランクトンやイトミミズが発生する。それを餌にするメダカ・ドジョウ・水生昆虫・カエルも集まってくる。そして、それらを食べる野鳥が飛来する。このように、田んぼには様々な生物が集まってくるようになる。生き物の住む田んぼで穫れた米だから、我々も安心して食べられるというわけだ。ただし除草作業などのコストがかかるため価格は少々高め。それでも安全性にはかえられない。現在では千葉、茨城、福島など9県で栽培されている。

トキの野生復帰計画が進んでいる新潟県佐渡市でも「トキひかり」のブランド名でコシヒカリの不耕起農法に取り組む農家が増えている。トキの餌となるドジョウ・タニシ・カエルが生息する里山を復活させるのが狙いだ。また、コウノトリの野生復帰計画が行われている兵庫県豊岡市でも生き物に配慮した「コウノトリ水田再生自然事業」が進められており、減農薬や無農薬で栽培された米を「コウノトリの舞」というブランドで販売している。

他にも、雁音米(宮城県田尻町)、オオヒシクイ米(茨城県稲敷市)、湘南タゲリ米(神奈川県茅ヶ崎市)、魚のゆりかご米(滋賀県彦根市)、源五郎米(広島県尾道市)など全国で生物ブランド米が栽培されている。化学薬品に依存しない農法が、米だけでなく様々な農作物に広まることを期待したい。

検索キーワード:無農薬減農薬
ランキングにご協力お願いします♪ 人気ブログランキング ブログランキングranQ


posted by Gotz at 17:31 | TrackBack(1) | 過去の記事

2005年11月02日

渋い大人の文房具

子供の頃「物は大切に使いなさい」と教わった。大人ならばなおさらだ。百均で買える使い捨てタイプの文房具ではなく、一生使い続けられるような逸品を持ちたいもの。ちょっと値段は高いけれど、使うほどに愛着が湧いて手放せなくなるはず。そんなキラリと光るこだわりの文具をご紹介。


 パーカー デュオフォールド ビックレッド 万年筆
■ パーカー デュオフォールド ビックレッド 万年筆

古き良きアメリカと言われる1920年代にビックレッドの愛称で親しまれた名品「デュオフォールド・オレンジ」。それまで黒一辺倒だった万年筆にオレンジのカラーとアールデコ調のデザインを持ち込んだセンセーショナルな逸品であった。そして、1945年の太平洋戦争の終結文書には、マッカーサー元帥がこの愛用のビックレッドを使用。さらに近年では、ブッシュ、エリツィン両大統領が軍縮文書の署名に使用したことから「平和のためのペン」と呼ばれるようになった。

パーカー ビックレッド デュオフォールド 万年筆


 ファーバーカステルカステル9000番パーフェクトペンシル
■ ファーバーカステル 9000番 パーフェクトペンシル

鉛筆なんて今更使いにくいとお考えの方は、ファーバーカステルの中でも代表的で、圧倒的な存在感を放つ「パーフェクトペンシルシリーズ」をまずはご覧頂きたい。このカステル9000番は、100周年記念限定のペンシルであり、鉛筆、鉛筆削り、消しゴムがワンセットとなったもの。芯が折れないように付けたキャップが、鉛筆削りにまでなるという画期的さは、存在感抜群。しかもデザインはシルバーのクリップにグリーンの軸という、渋めで高級感のあるコントラスト。ポケットや鞄の中に入れておきたい一本だ。

ファーバーカステル 9000番 パーフェクトペンシル


 『セーラー 長原宣義 匠技シリーズ』竹万年筆 糸巻き仕様
■ セーラー 匠技シリーズ 竹万年筆「竹取物語」

ゆっくりと燻された煤竹(すす竹)で作られたこの万年筆は、職人の遊び心からできたものだとか。手のひらに置いただけでも、心地良い温もりを感じられるはず。ペン先は、21金使用の長刀研ぎ。この長刀研ぎとは、ペンポイントが一般的なペン先に比べて特殊な形状をしており、紙面への接地面積が広く、滑らかに書くことができる。ペン先を立て気味にして書くと線質は細く、寝かせ気味に書けば太くなる。そして、自然の素材を使用していて、長さ、重量ともそれぞれが異なるから、自分だけの一本を持つことができる。

セーラー 匠技シリーズ 竹万年筆「竹取物語」


 ラミー2000 4色ボールペン
■ ラミー 2000 4色ボールペン

ラミー2000シリーズは、バウハウスのデザイナーであるゲルト・ハルト・ミュラー氏が手掛けたもので、シンプルかつ機能的だと世界中で絶賛され、多くのデザイン賞を受賞しているという。ブラックのボディにシルバーのパーツを施し、何年使っても飽きがこないデザインがクール。何でも、1960年に、2000年を見越してデザインされたのだとか。こちらの4色ボールペンも、シャープ且つ綺麗なフォルムでグリップも握りやすい。多機能なペンだから、ビジネス等でも何かと活躍することだろう。

ラミー 2000 4色ボールペン


posted by Gotz at 14:26 | TrackBack(0) | 過去の記事

2005年11月01日

ダンヒルのメッセンジャーバッグ

ダンヒルは時代をリードしてきたファッション界の老舗ブランドであり、スーツからカジュアル、革製品など、男性ファッションを中心に商品を展開してきた。自動車好きであった創業者の精神が現在でも生き続けており、多くの男性から共感を得ている。

ダンヒルは、創業者であるアルフレッド・ダンヒルが1893年にイギリスで起業した。アルフレッドの父親は馬具商だったが、産業革命で自動車が登場すると、馬具はやがて廃れていくという判断のもと、自動車部品や装飾品の製造に事業転換した。運転を快適にするためのレザーウェアなどの開発も行い、これが現在のダンヒルの原型となっている。

1924年にはフランス・パリにダンヒルの海外第一号店を出店。1956年に日本に進出し、1970年代には喫煙具や革製品などで一世を風靡した。この頃からダンヒルを愛用するファンも多いが、ここ数年は車・バイク・カントリーライフなどにスポットをあて、英国らしさをアピールして若い世代を取り込もうと図っている。

ダンヒルの有名デザイナー、ビル・アンバーグが手がけたのは、キャンパス地とレザーを組み合わせたバッグシリーズ「モートリティーズ」のメッセンジャーバッグ。バイクに乗ることにこだわり、体に固定するためのウエストベルトや収納式のレインカバーを装備した。モートリティーズ・メッセンジャーバッグの価格は7万円弱。全国に37のダンヒル・ショップがあり、東京・銀座や大阪・心斎橋などに直営店もある。

検索キーワード:ダンヒルメッセンジャーバッグ
ランキングにご協力お願いします♪ 人気ブログランキング ブログランキングranQ


posted by Gotz at 17:44 | TrackBack(0) | 過去の記事

初心者でもブログアフィリエイトで稼ぐ裏技は?アフィリエイトで成功するにはアフィリエイトの情報収集が大切。アフィリエイトを比較すればA8.net! 初心者でもブログアフィリエイトで稼ぐ裏技は?アフィリエイトで成功するにはアフィリエイトの情報収集が大切。アフィリエイトを比較すればTrafficGate!

楽天アフィリエイト 楽天ランキング市場

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。