2005年12月30日

アルファリポ酸とは

アルファリポ酸(αリポ酸)は活性酸素を除去する力が非常に強く、究極の抗酸化物とも呼ばれている。実際、ビタミンCやビタミンEの約400倍とも言われる強い抗酸化力を持ち、細胞の若返り効果も期待されている。そのため、これまでは医療機関でしか認められていなかったが、栄養補助食品としての使用が認可されてからは爆発的な人気を得ている。

アルファリポ酸は分子量が小さいため、栄養が到達しにくい脳をはじめ体内のあらゆる所に行き渡る。また、水にも脂にも溶けるので吸収率も非常に良く、ビタミンCやビタミンEよりも長時間の抗酸化持続力が得られる。アルファリポ酸は人間の体内でも生成しているのだが、その量はごくわずかにすぎず、加齢と共に生産量も減少する。体内でのアルファリポ酸の生産量が減ると基礎代謝自体も衰えるので、これが中年太りの原因であるとも言われている。

アルファリポ酸の役割と効果:アルファリポ酸は強力な抗酸化物としての役割だけではなく、体内の使われて酸化したビタミンC、ビタミンE、グルタチオン、コエンザイムQ10など、他の抗酸化物を再活性化してリサイクルさせる働きもある。また、アルファリポ酸は肝臓の働きを強化させるので、以前より医薬品として食中毒や金属中毒の解毒剤として使用されてきた。

アルファリポ酸は栄養が脳にまで到達する数少ない成分のひとつでなので、ボケの改善にも役立つと言われている。他にも、アルファリポ酸はエネルギー代謝効率を高める働きを持つので、脂肪の燃焼効率が良い太りにくい体をつくるとされている。

アルファリポ酸の所要量:アルファリポ酸は、一般的には1日あたり約100mgが必要とされている。ジャガイモ、ほうれん草、ブロッコリー、トマト、ニンジンなどの野菜や、レバーなどの肉類に微量に含まれているが、効果を発揮するだけの所要量を摂るのは難しいのでサプリメントでの補給が良いだろう。

摂取方法は特に定められていないのだが、アルファリポ酸は食事と一緒に摂ると吸収率が落ちるため、食事の30分くらい前に飲むと効果的。また、コエンザイムQ10やL-カルニチンとの相性が良いので、同時に服用することで相乗効果が期待できる。

サプリメント > アルファリポ酸(αリポ酸)
ランキングにご協力お願いします♪ 人気ブログランキング ブログランキングranQ


posted by Gotz at 19:03 | TrackBack(0) | 過去の記事
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11207563

この記事へのトラックバック

初心者でもブログアフィリエイトで稼ぐ裏技は?アフィリエイトで成功するにはアフィリエイトの情報収集が大切。アフィリエイトを比較すればA8.net! 初心者でもブログアフィリエイトで稼ぐ裏技は?アフィリエイトで成功するにはアフィリエイトの情報収集が大切。アフィリエイトを比較すればTrafficGate!

楽天アフィリエイト 楽天ランキング市場

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。